朝日酒造

「久保田」で全国に知られる朝日酒造。並々ならぬこだわりがその酒に込められています。

日本酒の愛好家なら誰もが知る「久保田」。 そのラベルが、全て手漉き和紙でできているということを 知っている人は案外少ないかもしれません。

久保田を開発する際、当時の社長は 「日本一の酒を」願ったその酒の、お客様へ向く“顔”となる部分に 越後門出和紙を選びました。 当時は毛羽立つラベルは機械のラインには乗らず、 万単位の数の久保田は、全て手ばりで作業を行っていたそうです。 ラベルでこのような様子なのですから、 お酒に対してのこだわりは想像に易いこと。

“土地の人々・地場産の米からできた酒を『地酒』とする” 朝日酒造はその根本にある思想を守り抜き、 酒米の生産からも携わる徹底した拘りぶりを見せています。 磨き上げた米をとことん綺麗な、美味しい酒に。 生産規模は大きくなれど、郷土への想いや品質へのこだわりは 決して揺らぐことはありません。

そして、妥協なき造り、革新的なことへの恐れなき挑戦。

そのような社風の朝日酒造は 自社の一大ブランド「久保田」を超えるべく、 また新たなステージに立とうとしています。

 

新し屋おすすめの呑み方

朝日山 百寿盃 お燗(ぬる燗)が美味しい!どんどん杯が進みます。

フィルター

申し訳ありませんが、このコレクションには商品がありませんでした。